保育士の給料アップは時代の要請

保育士は大学や専門学校を出て資格を取れないと働けない仕事ですが、そのわりには給料が安く、コンビニのアルバイトより待遇が悪いという声もあります。
また乳幼児の相手は誰でもできると思われ、世間的に軽視されることも少なくありません。

しかし実際には、幼い子どもの安全と健康を預かる難しい仕事です。

また近年は特に長時間保育が一般化して、残業が多く休みも取れないことがよくあります。

仕事がキツい上に給料が安いという理由で、資格があっても保育士にならない人や、なってもすぐに辞めてしまう人が多く、どうやって定着させるかが大きな問題になっています。


保育士不足への取り組みとしては、保護者がボランティアとして保育に参加することや、育児経験者に一定の資格を与えて保育させることなどが検討されています。
しかし親の参加はクレームに繋がる場合がありますし、保護者の就労を妨げない配慮も必要です。



また無給や薄給の保育者を増やせば、保育士の待遇はさらに悪化する可能性が考えられます。

地域で保育に取り組むことも重要ですが、専門家の離職を加速させては逆効果になります。



保育士の専門性を十二分に活用するためには、やはり待遇を改善することが必要で、なかでも給料のアップは欠かせないと言えるでしょう。

BIGLOBEニュースの最新情報が揃っています。

国でも待機児童ゼロを目指して、ハローワークによる再就職支援や人材育成プランなどを策定していますが、今後はさらなる補助金の増額が望まれるところです。